もりやまな人々

  • HOME
  • もりやまな人々

動物看護師

川原 颯人(かわはら・はやと)

愛知県出身

もりやま犬と猫の病院に入社しようと思った理由

私は以前に医療系の専門学校に通っていたので、その知識を活かせる仕事をしたいと思い就職活動をしていました。
その時、私の家の愛犬が通っている動物病院で求人募集していたのを知ったため、応募させていただのがこの「もりやま犬と猫の病院」でした。
半日の実習で、動物病院の雰囲気や動物看護師の業務などを見学させていただきました。 院内は若い人たちが多く、活気があり、とてもアットホームな雰囲気で親しみやすさを感じました。
また、動物看護師は資格取得のサポートもあったため、働きながら自分の知識、経験を積んでいきたいと思い、この病院を選びました。

忘れられないエピソード

まず驚かされたのが避妊・去勢手術の多さです。ペットショップで家族に迎えられたネコちゃんの避妊・去勢手術ももちろん多いのですが、野良ネコちゃんを捕まえた方が、当院に連れて来られる機会も多く、動物病院で働くまでは知らなかった事実でした。当院では、月に4回譲渡会が開催されます。4回中3回がネコちゃんのボランティア団体で、保護されるネコちゃんの多さに驚きました。
野良で生きていくには過酷なことが多い環境の中、保護される子が減らない現状に、動物病院で働く一人として、避妊・去勢手術に携わり、少しでも多くの野良ネコちゃんが幸せに暮らしていける環境作りのお手伝いができればと思っています。

現在注力していること

現在は指示出しの役割とオペ看護師の仕事をすることが多いです。指示出しでは動物看護師の業務や診察の補助が円滑に進むように、その日の出勤している動物看護師全体を適材適所に動かして行くことが主な仕事です。大勢の人の動きを見ながら、その時々の判断が必要な仕事なので、大変ではありますがとてもやりがいがあります。オペ看護師ではワンちゃんネコちゃんの避妊・去勢手術やオペの導入などの助手をしています。
当院では毎日、ワンちゃんネコちゃんが避妊去勢の手術をしています。そのため、オペの助手に入る機会も多いので、オペ担当看護師を目指したいという人にも、打ってつけの環境だと思います。 ここは動物看護師のプロフェッショナルになれる病院です。

求職者へのメッセージ

当院は資格や経験がなくても、一から先輩が丁寧に教えてくれるエルダー制度があります。未経験の方でも働きやすい環境だと思います。カリキュラムを用いて個別で指導をするので、分からないことなどがあれば気軽に質問や相談もできます。 そのスタッフのペースにあった指導を受けられるので、ご安心ください。
当院は外来患者数が多いため、症例数も多く様々な症状の動物たちがご来院されます。また、獣医師が勉強会を定期的に開いてくれるため、様々な病気やその看護の方法についての勉強が可能です。現場の声を聞いて勉強会を開催してくれることもあり、一例では、「救急対応の時に注意すべき点を改めて知りたい!」という動物看護師からの声を聞いて、1週間以内に獣医さんによる勉強会が開かれました。知識・経験を積みたい方にはとてもオススメです。獣医師と看護師の垣根がないことも当院の良い特徴だと捉えています。人間関係に悩みたくないという方も是非、見学実習にいらっしゃってください。

Copyright©もりやま犬と猫の病院 All rights reserved.