もりやまな人々

  • HOME
  • もりやまな人々

経営管理部

西垣 沙耶(にしがき・さや)

岐阜県出身

もりやま犬と猫の病院に入社しようと思った理由

年中無休、24時間診察という体制に、飼い主様と動物たちのことを本当に考えた体制だと感じたのがきっかけです。私は中途採用で、全く別の職種からの転職でしたので、動物病院がどんなところなのか、愛犬がお世話になっている個人病院の雰囲気しか知りませんでした。面接の時に初めて動物医療センターもりやま犬と猫の病院に訪れましたが、こんなにも多くの来院数があることに驚きましたし、明るい雰囲気を感じました。スタッフも生き生きと働いている様子を見て、ぜひ私もこの病院のスタッフの一員となって、動物たちのために働きたい、頑張っているスタッフのバックアップをしていきたいと感じ、入社を決めました。

忘れられないエピソード

私の所属する経営管理部は、裏方から病院を支える部署です。自分自身も受付に入り、現場を経験することで学ぶことが多くありますが、直接飼い主様のお声をお聞きする機会は、他部署に比べて少ないです。その中で、飼い主様からお礼のお手紙が届くことがあります。多くは、亡くなってしまった子の飼い主様より、スタッフや病院に向けての感謝のお言葉をいただきます。内容を拝読させていただくと、「〇〇先生のおかげで〜」「〇〇さんがかけてくれた言葉が〜」「この病院にお世話になることができて良かった」などと、暖かいお言葉ばかりです。内容自体にも、ジーンとするのですが、個別でスタッフの名前があると、そのスタッフが本当に真摯に飼い主様と動物たちに向き合っていたことや、飼い主様に寄り添った診察や時間を過ごしていたことが伝わってきます。飼い主様のスタッフへの信頼を感じることができる瞬間であり、私自身としては、スタッフが診察をはじめとした仕事に集中できるように、自分ができることをしていきたいと感じる出来事となっています。

現在注力していること

スタッフが生き生きと働ける環境づくりです。「スタッフが余裕を持って生き生き働けること=飼い主様の満足度の向上、動物たちが幸せになるための近道」だと考えています。スタッフ一人一人のサポートをできるように、当院の教育体制であるエルダー制度に加え、別の角度から話を聞くことが必要な時は、話を聞いて解決策を一緒に考えるようにしています。教育制度についても、より良い方法を常に考え、その時々で必要なことは変化していくと思いますので、その変化や、状況に応じて内容をブラッシュアップしていくように努めています。また、スタッフ数も多くなるにつれて、それぞれの部署の様々な考え方が出てくるのですが、フォローが必要なスタッフは私たち経営管理部がスタッフ間の緩衝材として、面談をして一人一人考えていることや意見の吸収をします。改善が必要なことは、一緒に方法を考えて、即日現場に還元しています。

求職者へのメッセージ

最新鋭の医療機器、症例数の多さ、セミナー・勉強会の定例開催、セミナー参加支援と勉強できる環境が整っています。それに加え、スタッフは和気藹々としおり、部署の垣根も超えて風通しの良い職場です。やる時はやる、というメリハリのついた働き方ができると思います。また、ご自身の仕事に集中していただけるように私たち経営管理部が、何か困ったことがある時の窓口として、様々な角度からバックアップをしております。 多くの動物病院がある中で、少しでも当院に興味を持っていただけましたら、まずは、ぜひ一度実習にお越しください。スタッフ間の雰囲気や、実際に院内をご覧いただき、当院について知っていただければ幸いです。分からないことは、お気軽に何でも聞いてください。スタッフ一同、お待ちしております!

Copyright©もりやま犬と猫の病院 All rights reserved.