歯科

Dental

Information

歯科のご案内

飼い主様へお伝えしたいこと

ヒトでは、毎日歯磨きをします。行わないでいるとどうなるでしょうか?口臭、虫歯、歯周病・・・すぐに想起される病気があることと思います。ワンちゃんやネコちゃんも同じです。理想的には毎日、毎食後に歯磨きを行うことが理想的とされています。ただ、現状として実施されていることはほとんどありません。ここでは、実際の歯科疾患や、それを防ぐためのデンタルケアについて解説します。

Sick & Treatment

歯科でよくみられる
病気と当院での治療実績

歯周病

ワンちゃんネコちゃんも、歯とそれを支えているあごの骨や歯肉についての仕組みはヒトと同じです。その歯と歯肉の間にあるのは歯周ポケットと呼ばれる隙間です。ここに歯垢がたまり、炎症を起こすと歯周病に発展します。口臭がきつくなったり、歯の支えが弱くなってグラグラになったりします。無治療でいると、歯の根っこの部分に細菌が感染巣を作って膿が溜まることがあります。

治療

全身麻酔をかけて、歯周ポケットの歯垢や歯石をとりのぞきます。必要に応じて抜歯も実施します。歯垢と歯石の除去後は歯の表面の研磨を行います。
ワンちゃんの歯垢の沈着は、日々のデンタルケアによって発生を抑えられる可能性が高いものです。どうか仔犬のうちからトレーニングを行い、日常的に歯磨きが出来るようにしていきましょう。

ネコちゃんの歯肉口内炎

ウイルスの感染や免疫疾患が関連している可能性が考えられていますが、詳しい原因はまだ解明されていません。重症化すると、口の中が痛いために食事をとることが困難になってしまったり、痛みでイライラして攻撃的になったりします。

治療

内科的治療としては、抗生剤やステロイド、免疫抑制剤などの投与があります。内科的治療の反応が乏しい場合は、外科的治療として全身麻酔をかけて必要に応じて抜歯を行います。ネコちゃんの歯肉口内炎は難治性である場合が多く、抜歯を行っても約2割は改善が認められない場合あるとの報告もあります。ただし、治療を積極的に行わなければ口の中の痛みの影響でどんどん生活レベルが下がってしまいます。違和感があれば早期に病院へ受診にいらしてください。

デンタルケア

嫌がる動物を押さえつけて歯磨きを行うことは、継続することが難しいものです。なぜなら、動物の嫌がり方がどんどんエスカレートしていくからです。ワンちゃんであれば、『おて』『おすわり』『まて』と同じくらいに『はみがき』をトレーニングしてあげるべきだと考えられます。ですので、初めのうちはご褒美を使いながらでよいので動物にとって苦痛でない歯磨きを徐々に慣らしていきましょう。

*ステップ1

口の周りを触ることに抵抗感がなくなるようにすることです。一緒にいてリラックスしているときに口の周りをよく触るようにしましょう。目の下や頬の部分、唇などをおとなしくなでられるようになれたら成功です。

*ステップ2

唇をめくって、歯肉を指でなでられることに抵抗感がなくなるようにします。これもまた、リラックスしているときに行い、最初は数秒だけで十分です。徐々に歯肉を触る時間を長くしていきましょう。

*ステップ3

口の中を、濡らしたガーゼを巻き付けた指でなでられることに抵抗感がなくなるようにしましょう。乾いたガーゼではこすれて痛みが出る場合がありますので必ず濡らしたもので行いましょう。これも最初は数秒のところを徐々に慣らして、口の中を触る時間をだんだん長くできるようにしましょう。

*ステップ4

濡らしたガーゼから、濡らした歯ブラシに変えていきます。歯ブラシは抵抗感が強い場合もありますので、あらかじめオモチャで遊ぶときなどに歯ブラシを視界におさめて良い印象をつけておくのも良いかも知れません。また、歯ブラシを使っておやつを与えるなども、良い印象作りには効果的です。歯ブラシで口の中を磨くときは、歯周ポケットの中の歯垢を掻き出すことを意識して行いましょう。歯に対し45°の傾斜でブラシを当て、歯肉に対して水平に優しくこすってください。奥歯に歯石が溜まることが多いので、ほっぺたをめくってしっかり奥歯まで磨きましょう。

繰り返しますが、嫌がる場合は押さえつけてまで行うことはしないようにしましょう。動物が嫌がらずに行えるようにじっくり時間をかけて慣らしましょう。ステップ1~2までが、およそ数ヶ月かかるものと考えていただくようにお願いします。

院内で行うスケーリング

一度、沈着してしまった歯石は歯磨きでは落とすことは困難です。病院では全身麻酔をした状態で歯石除去と歯の研磨を行います。歯石除去のことをスケーリングと呼びます。こちらがスケーラーです。
先端が、歯の表面に沈着した歯石を超音波の振動で破砕します。また、歯根の部分まで感染が広がっている歯周炎では抜歯が必要となります。歯を抜くときにはそれを支えている顎の骨に加わるダメージを最小限にするために、歯を丁寧に破砕して抜きます。歯石除去を行ったあとは、研磨剤を使って歯の表面をしっかりと磨きます。これをポリッシングといいます。また、歯を抜いた部分は糸で縫合します。この糸はおよそ1〜2ヶ月で吸収されるので、抜糸の必要はありません。
いちど歯石のついてしまった歯は、歯石を除去したあとも歯石が再度つきやすい状態となっています。ですので、ポリッシングは歯石沈着の予防として重要な行程です。

スケーラー
スケーラー
スケーラー
破歯バー
破歯バー
ポリッシングバー
ポリッシングバー

お問い合わせ先

動物医療センター もりやま犬と猫の病院

052-739-1299

  • 平日(火曜日を除く):9:00〜12:00、16:00〜20:00
  • 火曜日:9:00〜13:00、16:00〜19:00
  • 土日祝:9:00〜13:00、16:00〜19:00

分院:動物医療センター とよた犬と猫の病院

0565-47-1299

  • 住所:愛知県豊田市広路町1丁目1 イオンスタイル豊田1F
  • 診療時間:9:00~12:00 / 16:00~20:00(年中無休)
  • 駐車場:イオンスタイル豊田 無料駐車場あり
Copyright©もりやま犬と猫の病院 All rights reserved.