耳科

Otorhinolaryngology

Sick & Treatment

耳科でよくみられる
病気と当院での治療実績

外耳炎

耳の疾患で最も多いのが外耳炎です。
外耳炎の主な症状には

・よく耳を振っている
・耳の辺りを掻いている
・耳から汚れが出てくる
・耳が匂う

などがあります。
外耳炎は様々な要因が複雑に絡んで発生するため、特に治りにくい頑固な外耳炎に対しては、外耳炎を引き起こしている原因を特定して治療を行うことが大切になります。根本治療ができていないと外耳炎を繰り返すことになってしまいます。

外耳炎の発生に関わる因子は大きく4つあると言われています。
それは主因、副因、増悪因、素因です。

主因

それだけで外耳炎を発症することが可能な因子
・ミミダニ
・犬アトピー性皮膚炎
・食物アレルギー
・脂漏症
・分泌腺異常
・異物(毛やノギなどの植物)
・甲状腺機能低下症、副腎皮質機能亢進症

副因

主因によって外耳炎が起こった後に二次的に生じる因子で、単独では外耳炎になりにくいもの
・細菌
・マラセチア

増悪因

外耳炎が起こった後に発生する耳の構造変化で、外耳炎を重症化させる因子
・耳道の腫れや狭窄
・耳垢過多や上皮移動障害
・分泌腺の拡張や炎症
・鼓膜の変化
・耳道周囲の石灰化
・中耳炎
この増悪因子の管理を並行して行うことが大切です

素因

外耳炎の発症リスクを高める因子
・耳毛が多い(ミニチュアシュナウザー、トイプードルなど)
・垂れ耳(ミニチュアダックスフント、シーズーなど)
・狭い耳道(フレンチブルドック、パグなど)
・高温多湿
・水の中によく入る
・耳道内ポリープ
・中耳炎
・免疫力の低下
・耳掃除のやりすぎ

検査方法

ビデオオトスコープ(耳道内視鏡)
・植物、耳毛などの異物を取り除く
・耳道内のポリープや腫瘍をレーザーで切除する
・耳の中を徹底的に洗浄する
といった処置が可能となり、上記のような外耳炎の原因を取り除くことができます。

CT

治らない外耳炎の原因に中耳炎がありますが、中耳炎の有無や鼓膜の奥に腫瘍が無いかどうかの確認にはCT画像検査が有用です。
外耳炎に関しては耳の洗浄や点耳薬を使ってすぐに治ることが多いですが、中には治りにくい外耳炎に遭遇することもあります。上記の検査、治療には鎮静処置や全身麻酔が必要になりますが、主因をしっかり取り除くことにより外耳炎をしっかり完治に導くことができます。

お問い合わせ先

動物医療センター もりやま犬と猫の病院

052-739-1299

  • 平日(火曜日を除く):9:00〜12:00、16:00〜20:00
  • 火曜日:9:00〜13:00、16:00〜19:00
  • 土日祝:9:00〜13:00、16:00〜19:00

分院:動物医療センター とよた犬と猫の病院

0565-47-1299

  • 住所:愛知県豊田市広路町1丁目1 イオンスタイル豊田1F
  • 診療時間:9:00~12:00 / 16:00~20:00(年中無休)
  • 駐車場:イオンスタイル豊田 無料駐車場あり
Copyright©もりやま犬と猫の病院 All rights reserved.