予防医療

Preventive medicine

予防・早期発見に力を入れています

動物は人と言葉でコミュニケーションができないため、見た目は元気でも気づかない間に病気が進行していくことがあります。まずは、病気を防ぐことがなにより重要です。予防医療は、ワンちゃん、ネコちゃんの健康寿命を伸ばすことに有効です。

予防・早期発見に力を入れています

再診の方の予防接種の時間予約を承ります

再診の方の予防接種(ワクチン、狂犬病、ノミ・ダニ、フィラリア)は、時間予約が可能です。待ち時間が少ないのが特徴です。

ノミ・マダニ予防・駆除

ノミ、マダニは動物の体の表面について血を吸う寄生虫です。吸血されると「痒い」だけでなく、貧血やアレルギー、さらには様々な感染症を引き起こす危険もあります。
ノミ・マダニは月に1度のお薬で通年予防をしていきましょう。
体に垂らすだけのお薬(スポットタイプ)と、お肉の味がするお薬(チュアブルタイプ)をご用意しています。

ノミ・マダニ予防・駆除

ノミ

動物が後ろ足で体を掻いていたら、それはノミがいるサインかもしれません。ノミが動物の体に寄生すると、皮膚炎や条虫症を引き起こします。人間にも感染しますので一緒に暮らしている飼い主様家族にも被害が及ぶことになります。
ノミの卵は屋外では気温が13度以上になると孵化するため、通常は春から夏にかけて多く繁殖しますが、室内では一年中繁殖が可能です。動物の体に寄生するのは成虫ですが、産み落とした卵は動物の寝床や歩き回る部屋の畳やカーペットで幼虫からさなぎへと成長し、やがて成虫になってまた動物に寄生します。

マダニ

マダニに寄生されると激しい痒みが伴います。肉眼で簡単に見つけられるため、うっかりつまんで除去しがちですが、無理に引きちぎると突起の一部が刺さったままで残るため、化膿の原因となります。マダニを見つけたらすぐにご来院ください。
マダニは草むらなどに多く潜んで動物へ寄生するチャンスを狙っています。寄生すると、口の先端の突起を食い込ませて血を吸い、どんどん大きくなっていきます。散歩の際や他の動物との接触の際は、ダニをもらってしまう可能性が高いので注意が必要です。マダニは人にSFTS(重症熱性血小板減少症候群)という深刻な被害をもたらすこともあります。

フィラリア駆虫

フィラリアとは、犬の心臓病等を引き起こす糸状の寄生虫です。蚊の媒介で感染し、血液の中で幼虫から成虫へと成長を続け、最終的に心臓や肺に達すると、重大な不調を引き起こします(フィラリア症)。
フィラリアは蚊が出るシーズン(4~12月)中、月に1度のお薬で予防しましょう。
体に垂らすだけのお薬(スポットタイプ)と、お肉の味がするお薬(チュアブルタイプ)をご用意しています。

フィラリア駆虫

フィラリア症

蚊に刺されてフィラリアが体内に入っても、すぐに健康上の変化は見られません。そのため、検査をせずに放置してしまうと、咳が出る、食欲がない、おなかに水がたまるなどの症状が現れてから気づくことになり、最悪の場合は死に至ることもあります。
フィラリアはフィラリアに感染した犬の血液を吸った蚊に刺されることで犬から犬へと感染します。血液中のフィラリアの子虫(ミクロフィラリア)は、蚊の体内で幼虫となり、吸血の際に刺し口から犬の体内へと侵入します。

ワクチン接種

ウイルスが引き起こす感染症の予防には、ワクチンが有効です。混合ワクチンとは、国内で感染する可能性のある病気のワクチンを組み合わせたワクチンで、成長に合わせて計画的に接種することで免疫効果をより安定的に維持することができます。
成長段階に応じてしっかり予防してあげてください。
なお、当院ではワクチン接種時に無料で検便検査をおこなっています。

ワクチン接種

ワクチン接種時期の目安

 犬 

生後2カ月 6種混合
3カ月 9種混合
4カ月 9種混合
1歳 9種混合 (以降、毎年1回)

 猫 

生後2ヶ月 3種混合
3ヶ月 3種混合
1歳 3種混合 (以降、毎年1回)

なお、白血病ウイルスとクラミジア症も予防できる「5種混合ワクチン」もあります。5種混合ワクチンを接種する際は、事前に白血病ウイルス検査が必要です。
お気軽にご相談ください。

ワクチンで予防できる病気

 犬 

  • 犬ジステンパー
  • 犬アデノウイルス2型感染症
  • 犬伝染性肝炎
  • 犬パラインフルエンザ
  • 犬パルボウイルス感染症
  • 犬コロナウイルス感染症
  • 犬レプトスピラ感染症(黄疸出血型)
  • 犬レプトスピラ感染症(カニコーラ型)

 猫 

  • 猫ウイルス性鼻気管炎
  • 猫カリシウイルス感染症(三価)
  • 猫汎白血球減少症

関連情報:健康管理を支援する会員制度

予防歯科

成犬・成猫の実に80%以上が歯周病を患っているというデータがあります。歯周病は歯垢の細菌が繁殖して歯周組織に炎症を起こす病気です。進行すると歯を失うだけでなく、感染症や内臓疾患を引き起こす危険があります。
歯周病予防は毎日の歯みがき習慣から! 予防歯科は健康管理の上でも重要です。
定期的に歯ブラシやガーゼで歯磨きをしてあげてください。普段から歯石のつきにくいフードを与えることも予防効果があります。歯みがきなどお口のケアをせずに放置しておくと、やがて歯肉炎を起こしてごはんが食べられなくなるばかりでなく、命に関わるような感染症を引き起こす危険もあります。

予防歯科

歯周病

付着してしまった歯石は全身麻酔による歯石除去手術での治療が必要です。そうなる前に小さな頃から歯みがきを習慣づけて、歯周病をしっかり防いでいきましょう。

避妊・去勢手術

避妊・去勢は、望まれない子犬や子猫を増やさないだけでなく、生殖行動によるストレスや感染症の危険から動物自身を守ることができます。また、マーキングなどを抑えられるので、人も動物も快適に暮らすことができます。

避妊・去勢手術

手術について

目安として生後6ヶ月以降で、体重が2.5kg以上あり、予防接種が済んでいて健康な状態であれば手術は可能です。
当院では手術の前に必ず健康診断を受けていただきますのでご了承ください。
また、手術の長所・短所についてあらかじめご理解いただけますようお願いします。

女の子の場合(避妊手術)

長所:発情、妊娠がなくなり、子宮と卵巣を摘出するので生殖器系の病気を予防することができます。
短所:太りやすくなります。

男の子の場合(去勢手術)

長所:精巣の病気を予防することができます。前立腺肥大、肛門線腫瘍、会陰ヘルニアの発生率が低くなります。猫のスプレー行為は50%程度に抑えることができます。
短所:太りやすくなります。

マイクロチップ

個体識別番号が記された電子器具(マイクロチップ)を埋め込んでおけば、いざという時、ペットの身分証明書になるので安心です。装着は一般的な皮下注射と変らないので、動物への負担も軽くて済みます。

こんな時にマイクロチップは役立ちます。
・散歩途中や災害時に迷子になってしまった時
・連れ去りなどの事態が起きた時
・交通事故にあった時

マイクロチップ

マイクロチップとは

長さ1cm、太さ2mmほどの小さな器具です。挿入は数秒で完了します。当院では避妊去勢手術と同時にこのマイクロチップの装着をおすすめしています。当院で使用しているマイクロチップは、体温測定機能が付いています。

健康診断

定期的な健康診断は病気の早期発見・早期治療に効果的です。
私たち人間の6〜7倍ものスピードで歳をとる動物にとって、健康診断は健康管理とリスク管理の要です。

健康診断
Copyright©もりやま犬と猫の病院 All rights reserved.