低侵襲手術
(内視鏡・腹腔鏡)

MIO

身体への負担を最低限に抑えます

手術では麻酔を行い身体の一部を切開するなどしますが、どうしても身体への負担がかかってしまいます。そこで当院では、可能な限り身体への負担を軽減する目的で「低侵襲(ていしんしゅう)手術」を行っています。侵襲とは、体にダメージを与えることを意味する医学用語です。手術は本来、治療を目的におこなわれるものですが、メスを入れることやX線を照射すること自体は侵襲であると言えます。その侵襲の度合いをできるだけ軽減させながら手術をしていこう、というのが低侵襲手術です。

近年は動物の医療においてもこの低侵襲手術が主流になりつつあります。
当院では、動物にやさしい手術・治療をモットーに、低侵襲手術のための機器・装置やシステムを多数導入しています。

低侵襲手術は、このようなメリットがあります。
・回復までに要する期間、入院期間が短い
・術後の痛みが少ない
・手術の跡を小さく抑えられる

内視鏡検査・手術

・大きな傷を作らずに最小限の負担で処置・検査・手術が可能
・胃や腸などの体内をモニターで拡大観察できるので、診断の精度が高まりました。また、細胞組織を採取して検査できるので、わずかな病変の発見も可能になりました。
・耳や鼻の深奥部まで観察できるので、腫瘤や異物の確認なども容易になりました。

腹腔鏡手術

腹腔鏡とはお腹の中を診る内視鏡のこと(内視鏡の一種)です。通常お腹の中を手術するときは、お腹を大きく開いて手術を行いますが、腹腔鏡手術では、1cmほどの切開を3箇所ほどに施すことで、お腹の中の手術が可能です。
当院では、避妊去勢手術においても低侵襲手術を行っています。

超音波検査

・超音波検査装置~超音波を当て、その反響(エコー)を画像にすることで体内の様子を診ることができます。麻酔の必要もなく、体にやさしい検査が可能です。
・超音波手術器~超音波の振動を利用して軟部組織の切除(破砕・乳化・吸引)ができます。また、神経や血管を傷つけることなく骨を切削することができます。
・超音波手術システム~超音波の振動で血管の切断面をシール(閉じること)できます。縫合糸を用いずに手術ができるので体へのダメージが少なく、体内に糸を残すことで発生する病気(縫合糸反応性肉芽腫)のリスクもありません。

レーザー

・無出血での外科手術(特に腫瘍)が可能です。傷口の治癒も促進されます。
・眼科の緑内障手術(半導体レーザーによる毛様体光凝固術)も安全におこなえます。
・椎間板ヘルニア、口内炎などの消炎効果、疼痛などのペインコントロールがおこなえます。
・細胞の活性化や血流促進をよくするなどさまざまな症状に効果があります。
・整形外科手術後のリハビリにも効果的です。

Copyright©もりやま犬と猫の病院 All rights reserved.