もりやまTOPICS

TOPICS

  • HOME
  • もりやまTOPICS

2021.06.06

動物看護師

フィラリアはネコちゃんにとっても強敵!!

こんにちは!もりやま犬と猫の病院、看護師の山中です。

 

4月になり、本格的な春に突入しました。春は「始まり」の季節だと私は考えていますガーベラ

多くの方にそれぞれの始まりがあると思いますが、ワンちゃんネコちゃんにとっては予防シーズンの始まりでもあります。

 

 

今回は、ネコちゃんのフィラリア予防についてとりあげますオッドアイ猫

フィラリア症は犬糸状虫症ともいい、ワンちゃんだけがなる病気と思われている方も多いかもしれませんが・・

 

実は、フィラリアはワンちゃんだけでなく、ネコちゃんにも感染する恐ろしい寄生虫なのです!

 

感染経路は、フィラリアに感染したワンちゃんの血を吸った蚊が、ネコちゃんの血を吸うことでフィラリアの幼虫が体内に入り寄生します。多くは成虫にならずに死滅しますが、成虫になったフィラリアはわずかでもネコちゃんへの負担は大きく重症となります。

症状はワンちゃんの場合は血液検査で分かりますが、ネコちゃんの場合、はっきりとした症状がなかったり、他の病気と見分けがつかない症状が出たりするので診断が難しいとされています。 気付いた時には重篤化している、突然死を起こすなど発症した時点で手遅れのケースもあります。

さらに、現状これといった治療法は確立されていませんあせる

蚊がいつ、どこでネコちゃんを狙っているかわかりません。室内で過ごすことの多いネコちゃんでも油断大敵です。

 

そのため、命を守るには予防することが何よりの手段となります。

それでは、具体的にどのように予防すればいいのでしょうか?

ネコちゃん専用のフィラリア予防薬を投与しましょう。背中に滴下するタイプで、ご自宅でも簡単に投与することができますグッド!

私も院内で投与したことがありますが、じっとしていることが苦手なネコちゃんにもパパっとできるので、驚きました。

 

当院でも、2種類のネコちゃん専用のフィラリア予防薬を取り扱っています。

 

1レボリューション・・フィラリア、毛の中に潜み血を吸って生きているノミ、消化管内に寄生する回虫を予防することができます。

2ブロードライン・・上記に加え、室内飼いの多い猫でも油断のできないマダニも予防できます。

 

予防の時期は地域によって異なりますが、当院では4月から12月までを推奨していて、まとめ買いしていただくとお得になるキャンペーンもおこなっています音譜

 

 

ネコちゃんは、フィラリア予防をしていることが少ないのが現状です。私の実家にも、今年で4歳になる元気いっぱいな男の子のネコちゃんがいますが、恥ずかしながらフィラリアの予防をしたことがありませんでした・・

これからも健康に幸せに暮らしていけるよう、フィラリア予防をしようと思いました桜

 

(いつも家の中を走り回っていますDASH! 帰省したら私も一緒に遊んでいますビックリマーク

 

春は予防接種などで、当院への来院をご検討されている方も多いと思います。その際は、ネコちゃんのフィラリア予防についてもお気軽にご相談ください。

Copyright©もりやま犬と猫の病院 All rights reserved.