もりやまTOPICS

TOPICS

  • HOME
  • もりやまTOPICS

2022.05.15

TOMARIGI

涙は飾りじゃないのよ…

こんにちは!メディカルトリマーの大西です。いつもトマリギをご利用いただきありがとうございます!

 

最近、サロンでは「うちの子、最近目の下にくまができた」、「目の周りが茶色くなって臭う」など『涙やけ』の相談をよく受けます。

私も、飼っているチワワのこりんちゃんが涙やけがひどく悩んでいました。

 

なので、今回は【わんちゃんの涙やけ】についてお話ししようと思います!

 

〈涙やけとは?〉
涙やけは、涙で濡れた目の周りの毛が赤茶色に変色することを言います。

本来、涙は鼻涙管と呼ばれる管を通って鼻腔に流れますが、涙やけはなんらかの原因で涙の量が以上に増えたり、涙が鼻腔へうまく流れず目から溢れてしまうことで起こります。

 

〈涙やけの原因〉
涙やけの原因はいくつかあるのでそちらを紹介していきます。

 

原因①:器官のトラブル
涙やけに悩む多くのわんちゃんは『鼻涙管』が生まれつき狭かったり、後天的な病気などで閉塞してしまうことで涙が溢れてしまい涙やけが起きます。

 

原因②:毛が目に入ってしまう
長毛のわんちゃんや生まれつき睫毛(まつげ)が内側に向かって生えてしまう子は、毛が目にあたり、涙の量が増えて涙やけが起きます。

 

原因③:アレルギー
わんちゃんのアレルギーは食べ物やノミ、花粉などに対して起こります。目の周りに症状が出ると涙が増えて涙やけが起きます。

 

 

〈涙やけが起こりやすい犬種〉

●トイプードル、マルチーズ
生まれつき鼻涙管が狭かったり、閉塞していたりすることが多いため涙やけを起こしやすいです。

●シーズー、パグ、チワワ
目が大きく外に張り出しているため、涙を留めにくく溢れてしまったり、目を傷つけやすいため涙が増えてしまい、涙やけを起こしやすいです。

 

 

〈対策〉
●目の周りを清潔に!
こまめにコットンなどで優しく涙を拭き取ってあげましょう。長毛の子は毛が目に入ってしまわないようカットしてあげるのも対策のひとつです!
●ごはんを変えてみる
食物アレルギーが原因で涙やけが起こっている場合があります!一度獣医師に相談して低アレルゲンのごはんに変えてみると涙やけが改善されるかもしれません!

 

 

涙やけを放置すると毛が涙で濡れた状態が続くため細菌感染を起こし皮膚炎を患ってしまうこともあります。愛犬の涙やけが気になる場合は、一度獣医さんに相談してみましょう!

 

また当院では、涙やけのケアができる「アイリッドラッシュ」も販売しております。簡単に使えるシートタイプで、ヒアルロン酸配合なので目の周りをしっとりと保護し清潔に保ってくれます!気になる方はぜひお手に取ってみてください✨

 

また当サロンでは涙やけを目立たなくさせるお顔のカットも可能です🙆‍♀️
お気軽にスタッフにお声がけください❗️

 

あんこちゃんはお顔が黒くて涙やけがあまり目立たないけどしっかり涙やけのケアもしていこうね😉⭐️

2022.04.15

TOMARIGI

オメガ脂肪酸の力💪✨

皆さんこんにちは!副院長の三浦です。

以前、私が書かせていただいた“音楽”に関するブログはいかがでしたでしょうか。

「試してみたら効果があった」

「こんな音楽も良かった」

などがありましたら、ご来院の際に三浦まで教えていただけると嬉しいです😃

 

 

私は普段は循環器疾患🫀を得意としていますが、治療のために『オメガ脂肪酸』のサプリメントをよく処方します。心臓や血管の健康維持のために良いとされており、ヒトの心不全治療ガイドラインでもオメガ脂肪酸を積極的に摂取することが推奨されています。

ヒトでも一昔前から注目されているものではありますが、わんちゃんにとっても有用である事が分かってきています。

今回はこの『オメガ脂肪酸』についてお話ししようと思います。

 

 

『オメガ脂肪酸』とは何か?

  • 魚介類🐟に多く含まれる。
  • EPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)がある。
  • 生体内で合成できないため、食事🍴で摂取しなくてはならない。
  • 抗炎症作用がある。

 

『オメガ脂肪酸』に関する報告

  • 犬アトピー性皮膚炎においてステロイドを減量することが出来た。
  • 関節炎の症状が緩和し、鎮痛薬を減量することができた。
  • 心臓病の犬ではEPA/DHAの血中濃度が低いことが言われており、オメガ脂肪酸の摂取により悪液質が改善した。

この他にも腫瘍性疾患、高脂血症、認知機能障害に対する効果も報告されています。

特にDHAに関しては、成長期における脳の発達にとって重要であり、必要不可欠な栄養素として知られています。

 

 

現在TOMARIGIをご利用の方の中にも皮膚トラブルでお困りの方もいると思います。

皮膚の炎症を抑えることは健康な皮膚を維持するためにとても重要です。炎症が起きるとフケが出たり、膿皮症になったり、脱毛したりしてしまいます。

もしかしたらオメガ脂肪酸が良い効果をもたらしてくれるかもしれませんので、興味のある方は獣医師へご相談ください。

 

“アトピー性皮膚炎”のわんちゃんには特に『炭酸泉』を使った薬浴と『オメガ脂肪酸』の組み合わせがオススメです!

ご予約の際には炭酸泉のご利用を是非ご検討ください!

 

 

病気のわんちゃんが元気になってくれるように、健康なわんちゃんがもっと健康でいられるようにサプリメントが出来ることがあります。

今回はオメガ脂肪酸に関してお話をしましたが、これ以外にも様々な動物用サプリメントを当院では取り扱っております。

TOMARIGIをご利用の際には診療予約無しでも優先的に診察を受けていただく事ができますので、その際に是非ご相談ください!

 

(私は循環器科と整形外科を担当しておりますので、こちらでお困りの方は三浦をご指名頂ければと思います。)

2022.03.15

TOMARIGI

可愛いけれど甘噛みは…

こんにちは!

もりやま犬と猫の病院TOMARIGIのメディカルトリマーの長谷川です!

冬も終わりに近づき、春の暖かさを感じる頃となりました!

季節の変わり目はワンちゃんの毛の生え変わりの季節!
TOMARIGIでも抜け毛に悩むオーナー様がご来院する数が増え出来ました。

さて、そんなTOMARIGIでは抜け毛に限らず、さまざまな悩みを持ったワンちゃんがご来院することが良くあります。

今回はそんな悩みの一つであり、最近相談のあった子犬の《噛み癖》について、お話ししていこうかと思います!

 

 

噛み癖の原因

ワンちゃんは乳歯から永久歯に生え変わる生後4ヶ月齢〜10ヶ月齢になると、歯茎が痒くなると言われています。この痒さを解消する為に、物を噛んだり、人の手や足を噛んだりします。
歯が生え変われば痒さは消えますが、噛み癖が残ってしまうワンちゃんもいるようです。

 

 

噛み癖により起きる問題点

⚫︎怪我をさせてしまう可能性がある。
子犬のうちは甘噛みでも、大人になると犬の噛む力はとても強く、最悪何針も縫う大怪我につながってしまう事もあります。
また、周囲の人に噛み付いてしまいトラブルになるケースもあります。

⚫︎スキンシップやお手入れが難しくなる。
運動や一緒に遊ぶことはワンちゃんにとってとても重要です。しかし、噛み癖があることで飼い主と遊ぶ時間が減り、ストレスの原因になってしまいます。
また、ブラッシングや、爪切りなどのケアを嫌がるようになると、十分なお手入れができなくなってしまいます。

・物や家具などを壊す。
飼い主さんの洋服や靴、ソファーや椅子などの家具を噛むようになってしまうこともあります。
おもちゃや小物などを噛んでしまう場合は、誤って飲み込んでしまう可能性もあるので大変危険です。

 

 

噛み癖のしつけ法

噛み癖はしつけによって、人や物に噛むのをやめさせたり、軽減させる事が出来ます!
まずは、ワンちゃんが噛む原因を明確にし、それに対して適切に対処する事が大切です!
また、間違ったしつけ方は逆に噛み癖を悪化させる事もあるので、気をつけなくてはいけません。

🐾子犬の甘噛みのしつけ🐾
子犬が甘噛みをする理由は主に3つ。
歯が痒い、遊び、関心を持たせたい、などがあります。
子犬の甘噛みはあまり痛くはなく、可愛いので許してしまいがちです。
ですが、そこで噛ませたままにしてしまうと、『噛んでもいいんだ』と子犬が勘違いしてしまいます。

⚫︎基本的には噛ませない事が大切で、子犬が手を甘噛みしてしまった際は、遊んでいると思わせない様に冷静に、無視するか静かに叱る様にしましょう。

⚫︎犬と遊んでいる中で興奮して噛んできてしまう場合、
必要に応じてハウスや、クレートに入れて、落ち着かせる事も一つの方法です。
噛む=遊びと、認識させない為の方法ですが、犬がハウスを嫌いになってしまわない様に気をつける必要があります。

⚫︎噛む事をなんでもかんでもやめさせてしまう事は、ストレスの原因になり、ストレスから噛み癖に繋がってしまいます。コングや、ロープなど、噛んでもいいおもちゃを与えてあげましょう。

 

🐾しつけの際の注意点🐾
犬が何かイタズラをしてしまう事はよくある事です。
その際に、飼い主が感情的に怒ったり、叩いたりする事はしてはいけません。
特に叩いてしまうと、自分の身を守る為、噛むという行為がエスカレートしてしまいます。
犬がイタズラをしてしまった際は冷静に叱るようにしましょう。
また、しつけを行う際は、家族の誰かが行うのでは無く、家族全員で話し合い、してはいけない事を全員で共有し、全員でしつけを行いましょう!

 

 

まとめ
噛み癖は早めに対処する事が大切です!
また、犬が噛む理由はさまざまで、ただ叱るのではなく、心穏やかに犬と向き合うことが、解決への第一歩となっていきます。
また、治すのが難しいと感じたら是非相談下さい!
第三者からの意見を聞く事で、何か解決の糸口が見つかるかもしれません!

もちろんTOMARIGIではパピーちゃん達のトリミングをする事は沢山あります!
トリミング中もしつけの意識を持ちワンちゃん達が楽しくお手入れが出来る様に接しています。
また、当院ではしつけ教室やパピーパーティーなども行っております!
噛み癖に関わらず、お悩みが有ればいつでもTOMARIGIやスタッフにお気軽にご相談下さい。

2022.02.14

TOMARIGI

足を挙げている…なぜ?

こんにちは!メディカルトリマーの大西です!

寒い日☃️が続いていますが体調はお変わりないでしょうか?
私は愛犬とのんびりすることが最近のお家時間の過ごし方です🎵

 

さて今回は、
〈わんちゃんが”足を挙げる”理由〉
についてお話ししていきたいと思います!
みなさんは愛犬がこちらを向いて前足をちょこんと挙げていたり、おしっこをする時に後ろ足を片方挙げているのを見たことがあるのではないでしょうか。
TOMARIGIでもお預かり中のわんちゃんが前足を片方上げてジッと待合室を見ていることがあります👀
また、ご利用頂いている方にはトイプードル、チワワ、ポメラニアンと言った小型犬を飼われている方が多いですが、
「たまに足を挙げることがある」
と相談を受けることがしばしばあります。

その行動にはどのような理由が隠されているのでしょうか…。
今回はその謎を解いていきましょう!🔎✨

 

わんちゃんが足を挙げるのには、主に以下のような理由が考えられます。

①好奇心
②緊張や不安
③痛み

ひとつずつ見ていきましょう!

①好奇心🐕
遠くや高いところを見ようとして首を伸ばしたときに片方の前足が挙がることがあります。
また、自分をかまってほしい時にも、前足を挙げることもあります。

②緊張や不安🐕
わんちゃんは緊張したり不安があると前足を挙げたままじっとすることがあります。
相手に敵意がないことを示すために前足を挙げる動作をするなんてこともあります。

これらの行動は“カーミングシグナル”といって、わんちゃん同士で無駄な争いを避けるため発達したボディーランゲージです。
「あくび」も代表的なカーミングシグナルの一つですね。
ちなみに”カーミング”は英語の「calm=落ち着く」に由来します。

③痛み🐕
すなわち何らかの病気による痛みによって足を地面に着けない状態です。痛い足をかばいながら歩くことを『跛行(はこう)』と言います。
もし、足を触った際にわんちゃんが怒ったりキャンと鳴いたりする場合は痛みの可能性があります。

跛行の原因として多いのが膝蓋骨脱臼です。
膝蓋骨脱臼とは膝のお皿(=膝蓋骨)が脱臼してしまう病気で、小型犬に多く、特にチワワ、ポメラニアン、トイプードルに多く見られます。
治療法は内科療法と外科療法があり、脱臼のグレード(1~4)、年齢などを考慮して治療法を選択していきます。内科療法は主に、環境の改善、投薬やサプリメントがあり比較的軽症な子は内科療法で様子を見ていきます。外科療法とはいわゆる手術で根本的な構造の異常を治していきます!ただ手術するのが良いとは一概に言えないので、獣医師とじっくり相談する必要があります。
膝蓋骨が脱臼しやすい子はなるべく膝に負担をかけないよう、カーペットをひいたり高い所から飛び降りたりしないよう日頃から注意が必要です⚠️

 

さて、足を挙げる行動の謎は解けましたでしょうか❓

わんちゃんが足を挙げている時には何か深い意味があるかもしれません…。

すでに膝蓋骨脱臼と診断を受けていたり、足を挙げるなど気になる事がごさいましたら、当院スタッフへご相談ください☺️

 

TOMARIGIではご利用の前後に診察を受けていただくことが可能です。予約無しで優先的に診察させていただいておりますので、是非ご活用ください。もちろん獣医師の指名もできます!お気軽にお声掛けください!

2022.01.14

TOMARIGI

音楽の力

寒い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。副院長の三浦です。

私は寒いのが大の苦手ですが、大学の研究室時代の教えで術衣の下は必ず半袖です。長袖は来ません。なので余計寒いです🥶

最近は新型コロナ感染がまた増えてきているので、手指の消毒やうがいなどを改めて意識していきたいですね。

 

さて、HP上の私のプロフィールにもあるのですが、私は音楽が大好きです。聴くのはもちろんですし、私自身ドラム🥁をやっています。私は音楽には素晴らしい力があると思っています。人を感動させたり、元気にしたり。

 

 

 

またこんな事を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?

「サボテンに話しかけるとよく育つ」

「美味しいお肉にするために牛にクラッシック音楽を聴かせる」

音楽の力は人以外にも働くのでしょうか。気になったので調べてみました。

 

イギリスのとある大学で行われた検証では、『ある種の音楽を犬に聴かせることによってストレスレベルが低下した』という結果が得られたそうです。

そして、特にその効果が顕著だったのが、『レゲエ』と『ソフトロック』でした。

 

レゲエは1960年代後半にジャマイカ🇯🇲で生まれた独特なリズムが特徴の音楽です。世界的にはボブ・マーリーが有名ですね。日本だと三木道三の「Lifetime Respect」がひと昔に流行りました。

ソフトロックはあまり聞き馴染みのないジャンルかもしれません。1960〜1970年代に製作されたポップミュージックが1990年代頃になって再評価されて世に出てきたもののようです。明確な定義はありませんが、美しいメロディーやコーラスが特徴で、どこかメランコリックな雰囲気が漂います。まだマイナーなものが多いですが、カーペンターズやスティングなどはご存じの方も多いのではないでしょうか。

 

…話の内容がかなり偏ってしまいましたが、この2つのジャンルに共通なのは『ゆったりとしたリズム』です。

動物は自身の心臓の鼓動に近いリズムを感じることでリラックスするとも言われており、動物を抱く時は自分の心臓の音を聞かせるイメージを持つと良いです。

レゲエとソフトロックに含まれる低音領域であるベースとドラムのテンポが犬の心臓の鼓動に近いのかも知れませんね。

 

・興奮しやすくて少し落ち着きがない

・お留守番で不安になりやすい

・やんちゃでいたずら好きで困っている

 

そんなわんちゃん、猫ちゃんに試してみてはいかがでしょうか。ただ最初は音量を小さくして、少しずつ慣らしてあげてくださいね。

また一緒にいる人がリラックスしているとそれに同調する傾向があるとも言われているので、飼い主さんが好みかどうかも大切です。

もしかしたらハードロックやヘビメタといった激しい音楽が好みなんて子もいるかもしれないですね😎🎸(この場合は特に小さい音から慎重に試した方がいいかもしれません笑)

 

TOMARIGIでは、お預かり中のわんちゃんによりリラックスしてもらえるよう、優しい声掛けやふれあいを意識しております。

もしお家のわんちゃんのお好みの音楽が見つかったら教えてください。より快適な時間を過ごしていただくために、音楽の力が役に立つかもしれません。

 

“音”を”楽しむ”と書いて『音楽』

 

私は音楽をする時はいつもこの言葉を想っています。

人と動物がより楽しく共に人生を送れるよう願っています。そしてそのお手伝いが少しでもできるよう、日々頑張っていこうと思います。

2021.12.15

TOMARIGI

ワンちゃんの上手な写真の撮り方

こんにちは!メディカルトリマーの長谷川です!

いつもTOMARIGIをご利用頂きまして、誠にありがとうございます!

 

現在TOMARIGIではSNSを通じて、皆様の可愛いワンちゃんの姿を写真📸でお届けしている事はご存じでしょうか?
TOMARIGIをご利用中のワンちゃん達がとてもお利口で楽しく過ごしている様子を、これからもアップしていきたいと思います!✨

👇👇👇Instagram👇👇👇

https://instagram.com/petcare_hotel_tomarigi?utm_medium=copy_link

 

 

そんな訳で、今回は上手なワンちゃんの写真の撮り方をご紹介していきたいと思います。

 

まず初めに、写真撮影では「ワンちゃんの動き」に対して柔軟に対応することが必要になります。どうしてもじっとしていなかったり、思うような動きをしてくれないことはよくあります。
そこで、まず撮る人側の方が心に余裕を持ち、ペットと一緒に遊ぶような気持ちで撮影する事が大切です。
つまりは忍耐が必要ということです!

 

また、ワンちゃん達と大好きな遊びをしてから撮影を始め、撮影が終わったらまた遊ぶ。そうする事でいつでもいい表情が撮りやすくなります。
「写真を撮られる前後に楽しいことがある!」と覚えてくれるようにしてみましょう!

 

ここからはいくつかのポイントに分けてご紹介していきたいと思います。

 

 

ポイント①
【ピント合わせの位置】

 

多くの人は目にピントを合わせてしまいがちですが、
ワンちゃんの顔はマズルが長い子では鼻のほうにピントが合ってしまうなんて事も良くあります。
その為ピントを合わせるのは目と眉毛のフチがベストだと言われています!

 

ポイント②
【わんちゃんの表情を引き出す】

 

「わんちゃんの良い表情」というのは皆さんはどこで感じとることが出来るでしょうか? 目の表情はもちろんですが、意外と重要なのが「耳の表情」になります。
耳が後ろに引いていると怖がった印象になってしまいがちです。耳が前を向いて立っていると明るい印象になるので、そこを狙いましょう!

 

また、その他にもいい表情を引き出すコツがいくつか有ります!
・リラックスしているときに撮る
・遊びながら撮影する
・少し離れて撮影する
・普段からカメラに慣れさせる
・音を出して注意を引く
などが有効的です!

 

 

ポイント③
【カメラ目線を引き出す】

 

表情を引き出せてもカメラ目線にするのが難しく、何回も撮り直す人も多いのではないでしょうか。
次はカメラ目線を引き出すポイントをいくつか紹介します!

 

・ペットの集中力は長くても10分程度!撮影時間は短めに!
・カメラの設定や構図を決めてから撮影に臨む
・大好きなオモチャなどを使って瞬時に撮影出来る様に誘導する

 

また、しばらく何も声をかけずに静かに待っていると、自然とカメラに視線が向く場合もあります。辛抱強くシャッターチャンスを待ちましょう!

 

 

ポイント④
【カメラの高さ】

 

高さはハイアングル、アイレベル、ローアングルに分けられます。
それぞれ説明していきます。
①上から(ハイアングル):一番スタンダードなアングル。上目遣いになるので、可愛らしい表情が撮れます。
②正面から(アイレベル):ペットの目線に高さを合わせるとナチュラルな雰囲気の写真が撮れます。
目でみたままの姿を残すことができる。
③下から(ローアングル):ペットが目立ちやすい。背景をうまく入れることができる。
無駄なものを写したくないときにも効果的!

 

 

ポイント⑤
【光の向き】

 

写真撮影において光の向きは大切です。
光の向きによって写真の印象が変わってくるので、光の影響について知っておく事で、写真を取るのがうまくなれます!
光には《順光》と《逆光》があり、それぞれにメリットデメリットがあるためそれぞれ説明していきます。

 

〈順光(顔に向かって光が当たる)〉
クッキリとした色鮮やかな仕上がりになります。
風景を入れて撮るときには青空の色がしっかり出てくれます。
強い光が顔に当たるので、まぶしさで目を閉じてしまうことがあります。

 

〈逆光(背後から光が当たる)〉
後方からの光でペットの毛が輝いて写ります。表情も背景も柔らかい印象となります。
強い逆光だとワンちゃんの顔が真っ暗になってしまうので、加減が必要です。

 

 

斜光などを利用して、顔全体に光を当てて、かつ犬が眩しく無いところを探すテクニックもあります。
光の向きによって色々な写真を撮る事が出来るので、是非試してみてください!

 

 

最後にその他のテクニックを紹介していきます。

 

・連写機能で奇跡の一枚を狙う!
・スマホを逆さにして撮ってみる(少し違った雰囲気になります)
・暗い場所で白い紙をレフ板代わりにする
・おやつをあげて舌ペロショットをゲット♪
・ぼかしを入れてでプロっぽく雰囲気のある1枚に
・手帳型のスマホカバーでブレ防止
・魚眼レンズで鼻でか写真
・スマホのアプリ、無音カメラなどを使う
・ジャンプをしている時に撮る、「飛行犬」などを狙う

 

 

愛犬のかわいい写真をたくさん撮れるよう、いろいろ試してみてください!
トマリギご利用の際にお申し出頂ければ、美容中の写真をお撮りしてお見せしますのでお気軽にどうぞ!

2021.11.14

TOMARIGI

可愛いけど、におう!?

こんにちは!メディカルトリマーの大西です!

 

突然ですが、お家のわんちゃんのにおいが気になるという方はいらっしゃいますか?

私の家にもチワワがいるのですが、とっても可愛いけど時々体臭が気になってしまうことがあります…。

 

 

なので今回のブログではわんちゃんの体臭の原因についてお話ししていこうと思います!

 

まずわんちゃんの体臭についてご説明していきます。
わんちゃんには「エクリン腺」というさらさらの汗を出す汗腺が肉球や鼻先にわずかしかないのに対し、「アポクリン腺」というじっとりとした汗を出す汗腺が全身にあるのです。人間にも「アポクリン腺」は存在するのですが脇の下など特定の部分にしかありません。なので人間で言う「脇汗」をわんちゃんは全身にかいている状態なんです💦そしてその汗と皮脂が酸化して雑菌が繁殖することで体臭が発生するのです。

 

体臭の予防のためには月に一度ほどシャンプーをして体を清潔に保つのがおすすめです!
当サロンでは薬浴コース、トリミングコースどちらも、微細な気泡で汚れを吸着し取り除ける「マイクロバブル」を導入しており、細かい皮脂汚れなども優しくしっかりと落とすことができます。

それに加えてオプションで「炭酸泉」をつけることが可能です!炭酸泉は洗浄力アップ、トリートメント効果、保湿効果、血行促進の効果があり汚れと臭いをしっかり落とし、内側からも健康をサポートしてくれる効果が期待できます!もし気になったことがあればぜひスタッフにお声がけください!

 

 

ほかにも体臭以外でわんちゃんの匂いの原因になるものがいくつかあるので紹介していきます!

 

①口のトラブル👄
口の中の水分が不足して乾燥すると唾液が濃縮され口臭の原因になることがあります。また、歯周病などの口腔内疾患がある場合も臭いが強くなります。

 

②内臓のトラブル😨
肝臓や腎臓に異常があると老廃物が毒素としてたまってしまい、アンモニア臭のような臭いがすることもあるそうです。

 

③皮膚のトラブル💆‍♀️
皮膚に関する疾患があると過剰に皮脂が生産され菌が増殖し、独特の臭いがすることがあります。

 

④耳のトラブル👂
耳が臭う主な原因は炎症や感染症によるものです。特に垂れ耳のわんちゃんは通気性が悪く湿気がたまりやすいので耳のトラブルが発生することが多いようです!

 

もしお家のわんちゃんのにおいが気になるようでしたらご気軽に当院のスタッフにご相談ください!

2021.10.15

TOMARIGI

美しさを保つ秘訣

皆さんこんにちは。獣医師の三浦です。

秋🍁になって穏やかな陽気の日が増えてきましたね。

読書📖、芸術🎨、スポーツ🏌️‍♂️、食欲😋の秋と言われますが、今年最後に何か新しいことにチャレンジしてみるのも良いのではないでしょうか。

緊急事態宣言も解除され、今後世の中がもっと明るく元気になることを願う今日この頃です。

今回のTOMARIGIブログは、「ワンちゃんの美しさを保つ秘訣✨」についてです。

私は普段の診療で皮膚疾患に悩むワンちゃんを診ることはありますが、健康なワンちゃんをより美しくすることに関して深く考えることは正直なところ少ないです。

そこで、この機会にワンちゃんをより美しくする方法について学んでみたので、皆さんにその一部をお教えしたいと思います。

我々もより美しくありたいと願うように、ワンちゃんにも健康かつ美しくあってほしいですね。

美しさと言っても様々ですが、今回は皮膚と被毛の美しさに絞ってお話ししたいと思います。

 

 

美しい皮膚と被毛を作り出すために重要な要素の一つが、『栄養』です。

ヒトもワンちゃんも、皮膚と被毛はタンパク質からできています。ワンちゃんは体重の約1520%が皮膚でできていると言われており、しかもそれは定期的に生まれ変わっています(ターンオーバー=皮膚の新陳代謝)。

そのためワンちゃんは、多くのタンパク質を食事から摂取する必要があります。

タンパク質の中でも皮膚や被毛を作るのに必要なのが、ケラチンです。

このケラチンはメチオニンシスチンというアミノ酸から構成されています。

さらにそのアミノ酸からケラチンを合成するためには、ビタミンやミネラル(亜鉛など)が必要となります。

必要な栄養素を十分に摂取するためには必ず『総合栄養食』と表記されているフードを選びましょう。当院では総合栄養食以外にも皮膚トラブルに特化した療法食も取り扱っております。どんなフードを与えれば良いかお悩みの方は獣医師へご相談にください。

以上が美しい皮膚と被毛を生み出す秘訣の一つとなりますが、それを満たしていながらも皮膚や被毛のトラブルに見舞われてしまうこともあります。

アレルギー性皮膚炎や内分泌疾患が代表的な原因として挙げられますが、それ以外にも様々な病気により毛並みが悪くなることも少なくありません。

 

当院では秋の健康診断を101日〜31日の期間限定で行っております。ワンちゃんの美容の悩みをお持ちの方も、是非この機会に健康診断を受けられてはいかがでしょうか。

詳しくは当院スタッフへお気軽にお尋ね下さい。

 

TOMARIGIでは引き続き皆様の大切なワンちゃんの美容のお手伝いをさせていただいております。大変ご好評いただいており、ご予約が取りづらい状況となっておりますが、最大限ご希望にお応えできるようスタッフ一同努力して参りますので、よろしくお願いいたします!

2021.09.19

TOMARIGI

上手なお家でのシャンプー

こんにちは!メディカルトリマーの長谷川です!

いつもTOMARIGIをご利用いただきまして、ありがとうございます!

 

現在ご好評につき多くのオーナー様にご予約いただいております。

その為、ご予約が取りづらい状況になっており大変申し訳ございません。

お早めのご予約や、日付を指定したキャンセル待ちも出来ますので、ご希望の方はお問い合わせ下さい!

 

ご利用頂いているオーナー様から、散歩や旅行などでわんちゃんが汚れてしまった際に自宅でシャンプーをする際、コツなどを相談される事がよくあります。

なので、今回は自宅での上手なシャンプー方法について改めてお話しようと思います。

 

🛁シャンプーの頻度🛁

わんちゃんのシャンプーの頻度は基本的に月に12回が良いとされています。わんちゃんの皮膚は人間の1/3ほどの厚さしかなく、非常にデリケートなため、シャンプーをし過ぎてしまうと必要な皮脂を過剰に落としてしまうため気を付けましょう。

 

🧴用意する物🧽

シャンプー、洗面器、タオル(吸水性の良いものを何枚か)、ドライヤー、ブラシなど、

タオルはシャンプー直後にすぐに拭ける様な場所に置いておき、乾かす台や床にあらかじめ敷いておくと良いです。

 

 

🛀洗う時のポイント🛀

 

①お湯の温度🌡

温度は暑すぎず、冷たすぎない37.0°くらいがちょうど良いと言われています。

 

②濡らし🚿

シャンプー前に体全体を十分に濡らします。

シャワーの際は体からかける様にするとわんちゃんが怖がりにくくなります。声を掛けながら行うとより落ち着いてくれると思います。

 

③泡で洗う🧼

シャンプー剤を洗面器などに移ししっかり泡立ててから洗うと汚れがしっかり落ちてくれます。

目や鼻にシャンプーが入らない様にスポンジなどを使って洗うこともオススメです。

 

④すすぎ🚿

シャンプー剤が体に残ったままだと、皮膚病の原因になってしまいます。すすぎはしっかりと行うようにしましょう。

顔に水がかかるのが苦手な子は蛇口の水を手で優しくかけてあげましょう。

 

 

🧺乾かす時のポイント🧺

①タオルドライ

濡れたまま乾かすと時間がかかってしまいます。まずタオルドライをしっかりしてからドライヤーで乾かしましょう。

 

②乾かす時は2人で

わんちゃんが動いてしまうと上手に乾かせず時間がかかり、よりストレスになってしまいます。

1人がドライヤーを当て、もう1人がブラシを使って乾かしましょう。

 

③ドライヤーの距離

わんちゃんの皮膚にダメージを与えないようにドライヤーを近づけすぎないよう気を付けましょう。わんちゃんとドライヤーを30cm以上離すと良いです。

 

まとめ

 

シャンプーが終わった後はたくさん褒めてあげましょう。シャンプーは日頃のケアには欠かせないものなので、わんちゃんにとって楽しい時間にしていける様に仔犬の頃から習慣をつけていきましょう。

 

わんちゃんがあまりに嫌がる場合は無理をせず、トリミングサロンにお任せください。

 

TOMARIGIではわんちゃんに負担をかけない様に心がけて施術しております。爪切りや肛門線絞りなど、お家では難しい事もぜひお任せ下さい!

 

また、当院では様々な種類のシャンプーを待合室に用意しております。診察無しでもお求め頂けますのでお気軽にお申し付けください。

2021.08.15

TOMARIGI

病気は体だけではない。

こんにちは!!

はじめまして。4月からTOMARIGIに加わりました、トリマーの大西です!✨
実家ではチワワを飼っています。
わんちゃんをキレイ✨に、可愛く💕してオーナー様に喜んでいただけるよう頑張っていきますので、よろしくお願いします!!😆

 

今回のブログは、わんちゃんの『分離不安症』についてお話ししたいと思います。
みなさん分離不安症という言葉はご存知ですか?

「分離不安症」とは、わんちゃんがオーナー様と離れた時に起こるストレス反応のことです。
多くが3歳頃までに症状を示すようになると言われていますが、高齢犬でも加齢に伴い不安傾向が強くなることでストレス反応を示すようになることもあります。

分離不安症の症状には、

・吠え続ける
・物を壊す
・不適切な排泄
・嘔吐や下痢
・震える
・過剰な舐めやグルーミング
などがあります。

このような症状はオーナー様が外出することに気付いた時点から出ることが多く、外出後徐々に落ち着く場合もあれば、持続してしまうこともあります。
分離不安症は、わんちゃんだけでなくオーナー様にとっても辛いものです😥

〈分離不安症の改善方法〉
分離不安症はトレーニングを繰り返すことによって改善できる場合があります。

①わんちゃんからの要求や注目に敢えて応じない。
→わんちゃんが自立して落ち着いて過ごしている状況に対してご褒美を与える。

②オーナー様が外出することに慣れさせる。
→不安にならない程度の短時間の外出から始めていく。
→外出する準備だけして実際は出掛けない。

③外出時、帰宅時の対応を変える。
→外出する時にたくさん声掛けをしたり、帰宅した時に褒めたりするのを控える。

直ぐには改善が難しいこともありますが、根気よく続けることが大切です。
トリミングのためのお預かりに対してストレスをより強く感じてしまうわんちゃんも稀にいるため、そういった子はお家で少しずつトレーニングができると良いですね。

症状があまりにも強い場合は、精神安定剤やサプリメントなどによる治療が必要になることもあります。

たくさんのわんちゃんとオーナー様に、より快適にご利用いただけるお手伝いができればと思います。
困ったことがあれば当院スタッフまでお気軽にご相談ください😊

Copyright©もりやま犬と猫の病院 All rights reserved.